« これはマジックなのか…(^^; | トップページ | すっかり咲いた紅梅 »

2007.02.20

キップ・パイロール

Kip
「キップパイロール」使っていらっしゃるかた、おられますか?

アメリカ生まれ(?)の、万能軟膏と言ったところでしょうか。日本で言えば「オロナイン軟膏」ですかね。どこでも売っているような気がするのですが、知ってる人は知ってるけど知らない人は、ホント知らないですね。

 日本ではキップ薬品という、そのまんまの名前のところが作っているようです。キップ薬品のサイトを見てみると、ゾウの「サトちゃん」で知られる佐藤製薬のグループと書いてありました。そうだよね、いくらなんでもこのキップパイロールだけでやっていけるような感じはしないもんなぁ…。

 キップパイロールは重宝してます。なにより、「しみない」というのが良くて、血さえ止まればガーゼにキップパイロールを塗って傷口を保護しておけば一安心。

 缶のデザインも良いんですよね(私の絵を見て考えないこと)。Tシャツにしたら売れるだろうに…。佐藤製薬か、ユニクロに言ってみるか…。こりゃ、作ったもん勝ちだとおもうけどな。

|

« これはマジックなのか…(^^; | トップページ | すっかり咲いた紅梅 »

コメント

すみません、私も「知らない人」グループです。日本でもアメリカでも見た事ありません。目に入っていないのでしょうね。しかしこういうTシャツ欲しいです。

ところで井上ひさしさんがお好きなのですか?大学の図書館に「ひょっこりひょうたん島」筑摩文庫が揃っていて、ハマって読み続けた事があります。リアルで番組を見た世代ではないのですが(当たり前か)、「この人天才」と感激しました。santosさんはひょうたん島読まれましたか?
しかし今思っても、なぜ大学(しかも小規模)の図書館にあれが揃っていたかは謎です。

投稿: オシオシ | 2007.02.21 12:52

他の方がキップ・パイロールの缶に書いてあるアメリカの提携先「カーター・ワラス社」について調べていらっしゃいましたが、会社も、KIP PYROL に当たるページも無かったようです。もしかして、日本だけで生き残っているのでしょうか?アメリカではもう売ってないのかな…。FDAに規制されたとか…(^^;。
 デザインは抜群です。色も、ちょっとくすんだ色なのがいいんですよ。勝手に一人でTシャツ作るかな(^^)。

 井上ひさし、大好きだったのですが(^^;。近年になって前の連れ合いさんの暴露本(井上ひさしのDV)が出て、少し唸ってしまったので…。

 私はテレビの「ひょうたん島」と同時代なのです…(^^;。CDも買ったし、CD-ROMも買いました。
 井上ひさしには、中学のときに「ブンとフン」を読んで完璧にはまり、80年代半ばまでの作品はほぼ全部読んでますよ。「バカみたい」とか思いながら…(^^;

 大学の図書館というのは不思議ですね。文献として要求した先生でもいたのでしょうか?それとも「趣味」か…。

投稿: santos | 2007.02.21 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キップ・パイロール:

« これはマジックなのか…(^^; | トップページ | すっかり咲いた紅梅 »